«
»

■国際競争力が63位中最下位の日本


先日衝撃的なニュースを目の当たりに。

題名にもあるように国際競争力が最下位の日本


数年前から海外へ行くたびに、そして日本で事業活動している中で肌で感じていたことです。

まだうまく言語化出来ませんが、

ニュースで見た最下位の理由
・起業家精神
・国際経験
・企業の意思決定の機敏性
・ビッグデータの活用


国際経験については、企業様を訪問していると「ぼくは〇〇国に何年いまして・・・」
と、さも国際経験が豊かな感じで難しい言葉で試されることがある。

だけどさ、「現場やったの?」と喉まで出かかることあります。

知ってると経験してるとでは雲泥の差です。
このスタンスが外国人が好まないスタンスであり、
あこがれの「日本ブランド」から上目目線で来られることにいい加減現地人はげんなりしています。


国際基準に合わせた国際競争力は、語学力でもなければ会社の金看板でもないようです。


新たな国際基準が世界では浸透しつつあるようです。


«
»